head_img_slim

クリスタルの領域

クラリティ・シリーズ シャウド6
「影の自己と潜在的可能性 パート2」
クリムゾン・サークル 2006年1月7日

では、ここでもうひとつ注目したいのが、
ある・・・ これについては、次回のシャウドでもっと話をします。
ですが、もうひとつの大きな妨げは、あなたが機能する次元レベルにあります。

ええ、セント・ジャーメインは、「ドリーム・ウォーカー・スクール」で、これについて、詳しく触れています。
ちなみに、私、トバイアスには - 何と言うか - アジェンダはありません。
すべてのシャーンブラが、遅かれ早かれ、「ドリーム・ウォーカー・スクール」を体験するようにお勧めします。
それは・・・ 死についての情報を与えるスクールではありません。
様々な新しい現実と、新しい可能性についてのスクールです。
本当はそういうことです。

セント・ジャーメインは、
非物理的な、地球に近い次元や現実について詳しく話をします。

彼はそれを、「近くの現実」と呼んでいます。
非物理的な地球に近い現実を。
近く、というのは、地球に近いからです。

彼らは肉体を持ちませんが、地球と密接に結びついています。
あなたが夜によく行くのが、この場所です。
あなたはよく、この場所で問題を解決します。
ここは、頭脳がとても落ち着ける場所なのです。
物理的現実の外観と、感触、匂い、活動領域を持つからです。
そこではあなたは、ずっと落ち着けるのです。

ほとんどの人は、死んでから、近くの次元あるいは現実を通り過ぎません。
彼らは地球を去ります。
ただ単に、肉体を去ります。
彼らは近くの次元に入ります。
地球の物理的現実のあらゆる性質が、そこにはあります。
単に、物質がないだけのことです。

セント・ジャーメインは、「ドリーム・ウォーカー・スクール」で、次なる入口を通り抜け、彼が「クリスタルの領域」と呼ぶところへ入る話をします。
彼は生徒たちに、このクリスタルの領域では、マインドは使えないことを、教えます。
クリスタルの領域は、地球の領域をはるかに超えたところにあり、地球との特別な関係や、なじみ深さは、そこにはありません。
あなたはすべてを置き去りにするのです。

クリスタルの領域は、新しい物事が生まれる場所です。
クリスタルの領域が「クリスタルの」と呼ばれるのは、キリストの種子のエネルギーが胚芽の形態にあり、誕生しつつあるからです。
あなたがこの領域まで来れば、誕生が行われているのを感じられるでしょう。
それはクリエイティヴなものです。精神的なものではありません。マインドはここでは、使えません。

ドラッグを使用して、この領域まで、何とか前進してきた人もいましたが、頭がおかしくなってしまいます。
マインドが使えないからです。
ドラッグをやっている状態では、あなたは常に、マインドを持っていくのです・・・ つまり・・・ バッド・トリップなわけです。(少々、笑)

「シャーンブラ・サービス・センター」でたった今、私たちが話をしている間に、私たちはシフトしました - あなたの許可を得て - 精神からシフトしました。
なかには眠ってしまった人もいます。クリスタルへと入っていったからです。
なかには、ゲームでマインドを夢中にしたり、聞いているフリをしている人もいました。けれども、私たちは実際に、クリスタルへと入ったのです。

ここから - 繰り返し、強調しますが、それから、テキストにする時は、下線を引いて、感嘆符をつけておいて下さい - クリスタルの領域では、マインドは使えません! 
マインドが働き続けているなら、あなたはクリスタルの領域には、いないのです・・・ 以上です。
それはうまくいきません。あなたは何とか力ずくで使おうとします。
クリスタルの領域がどんなものか、頭で覚えておこうとさえするでしょう。

それであなたは - 何と言うか - 思い上がって、そこがどんなところかを、他の人たちに話そうとします。
それはできません・・・ それはできません。

私はあなたに触れて、クリスタルのエネルギーを理解させてあげることはできますが、話をすることはできません。
あなたのハートから、あるいは触れることで、他の人にシェアすることはできます。でも、教えてあげることは、決して、できません。

それが秘密だからではなく、言葉を超えたものだからです。
マインドを超えたものだからです。
あなた方1人ひとりが、いつの間にか、そこに行ったことがあります。
ですから、そこの記憶は残っていますが、頭脳で記憶しているわけではありません・・・ いいですか。

頭脳は必死になって、解明しようとしています。
頭脳は、たった今、あなたに言っています。
「ええ、そうです。私はそこに行ったことがあります。私はそこではマスターです。そこでは教師です。」(聴衆、笑) 
クツミを招いた覚えはないのですが、どうやら現れたようです。(さらに笑)

クリスタルの領域は、
本当の起こり得る可能性や潜在的可能性が創られる場所です。
すべての問題が解決する場所です・・・ いいでしょうか。

「ドリーム・ウォーカー・スクール」では、セント・ジャーメインがこれについて詳しく話をします。できる限りのバックグラウンドを与えます。
また、彼が知る限りの方法で、できるだけたくさんのエネルギーを伝えていきます。

この情報は、山崎邦明氏の許可を得て掲載しております。
情報の全文をご希望の方は、以下のページから、ご申請ください。
http://meganhusby.com/correspondence.html


 

スクール (ドリームウォーカー・デス・トランジション)

photoドリームウォーカー・デス・トランジション

この世での生を終える際、傍に、何でも話せる、気が置けない友が居たら、 どれだけ安心し、心が安らげるでしょうか。
それが、天の入り口まで続くとしたら、どうでしょうか。

ドリームウォーカー・デス・トランジションのスクールは、 変容の旅がとてもうまくいくように、 あなたを守るために、安全で気持ちの良い旅になるように、作られました。

ドリームウォーカーは、クライアントに寄り添い、肉体を優雅に手放し、安心して天の身内のもとへと移行することを手助けします。

»このスクールの詳細は、こちら

 


ページトップに戻る